ボーナス併用払いは得なのか?

   

ボーナス併用のメリットとデメリット

ボーナス

住宅ローンの種類によっては、ボーナス併用払いができる場合があります。

ボーナス併用払いというのは、毎回の返済以外にも、ボーナスの支給される回だけ、特別に支払額を増やすことができるというものです。

では、このボーナス併用払いというのは、どのようなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。

メリットについて

メリットは、ローンの返済の一部を、ボーナス返済とすることで、毎月の返済金額を減少させることができるということです。

しかし、毎月の返済金額が減少する変わりに、ボーナスの月の返済金額は増えることになります。

デメリットについて

不確実な収入をローン返済に充てるということで、リスクが高まるということです。

ボーナスというのは、企業の業績によって支払われるもので、給料とは異なり、かなり浮き沈みの激しいものです。

仮に、ボーナスが一切でなくなってしまっても、ボーナス払いはしていかないといけないので、厳しいですね。

繰り上げ返済とは

繰り上げ返済の手数料

住宅ローンというのは、基本的に、申し込んだ時点でしっかりと返済計画を立て、それに伴って返済をしていくものです。

しかし、そのときに応じて、お金に余裕があるときとないときがありますよね。

例えば、お子さんがまだ手のかからない時期であれば、資金に余裕があります。

一方、お子さんが受験を控えていたり、入学式や卒業式がある場合には、資金的に余裕はありません。

もし資金に余裕があるならば、繰り上げ返済をしていくのも手です。

繰り上げ返済というのは、通常の返済以外に、臨時で返済金額を増額していくものです。

あくまで臨時的なものですので、ボーナス併用払いとは異なります。

繰り上げ返済は、元金の返済に充てられます。

元金の残りに応じて利息も決まってくるので、元金が返済されれば、利息も減っていくことになります。

しかし気をつけなければならない点もあります。

銀行によっては、繰り上げ返済に手数料を徴収するところがあるからです。