住宅ローンは抵当権を設定

   

住宅ローンの抵当権設定と抹消

住宅ローンを銀行から借り入れているとき、その住宅は完全に借りている人のもの、というわけではありません。

住宅ローンを組むときには、必ずしなければならない手続きというのがあります。

それは「抵当権の設定」です。

抵当権抹消登記

抵当権というのは、担保のことです。

一般的には、住宅などの不動産に抵当権を設定します。

万が一返済が滞ってしまった場合でも、これで銀行は安心です。

抵当権は銀行にありますので、返済が滞ったら、その不動産を使って資金を回収すればいいのですから。

そして、頑張って完済をした場合でも、ここでほっとしてはいけません。

ほっとしたい気持ちも分かりますが、ここでやっておかないといけないことがあります。

それは「抵当権の抹消」です。

お金は全部払ったのだから、銀行側に不動産を人質にとられることもありません。

抵当権の抹消というのは、具体的には、登記簿上の抵当権を抹消することです。

これをしておかないと、何かと厄介です。

面倒くさくても、行なっておきましょう。